103系

103系は、昭和38年初登場の、言わずと知れた
国鉄を代表する通勤型電車です。
登場当時は、茶色で吊りかけ駆動のモーター音で
レトロながらブイブイ幅を利かせていた大量の旧型国電が
いましたが、それらを置き換えるため、まず101系が登場しました。
その後、101系で計画されたオール電動車計画を見直し、
比較的駅間距離の短い路線を得意とした
改良型が103系にあたります。
101系の後継なので、もちろん駆動は吊りかけ駆動ではなく
カルダン駆動。
加速性能に優れるバーニヤ抵抗制御を採用し、両開き4ドアで、
動力車は101系に次ぐ2両単位のMM´ユニット方式。
何より、路線ごとに色を変え、国鉄路線を一気にカラフルに
替えたのも、101系と、この103系です。
その後、ATC搭載に伴う高運転台、冷房化、
地下鉄対応番台の登場など、さまざまな改良を加えられつつ、
日本最多となる3447両が製造され、首都圏・大阪圏を中心に
多岐にわたる路線で、その姿を見ることができました。
現在は時代の波に押されて、首都圏と東海地区から撤退し、
現在はリニューアルされた車両が大阪環状線・阪和線・
大和路線系統で見られるほか、播但線用の3500番台
加古川線用の3550番台、筑肥線用の1500番台があります。

JR西日本車


0番台(森ノ宮電車区)


0番台(日根野電車区)


0番台(奈良電車区)

戻る
inserted by FC2 system