205系

 205系は、国鉄初のステンレス通勤電車として、1985年にデビューしました。
直前までは201系が製造されていましたが、当時はまだ半導体が高価だったため、
201系に変わるコストパフォーマンスに優れた形式として205系は誕生しました。
界磁添加励磁制御により、回生ブレーキはもちろんのこと、
ステンレス車体により、軽量化とメンテナンスの簡素化を実現しました。205系は、コストが安価であったため大ヒットし、山手線を皮切りに、京浜東北線、総武緩行線、
埼京線、南武線、京葉線、武蔵野線、横浜線、東海道緩行線など、多方面に導入され、
103系を完全淘汰するまではいかなかったものの、国鉄・JR各線に新風を巻き起こしました。その後も各路線で忙しく活躍していました.
JR東日本で本格的な205系の置き換えが山手線からスタート。多くの車両は中間車の先頭化改造など、装いも新たに、さらに多方面で活躍を始め、残っていた103系を淘汰しました。その後は首都圏でE233系での置き換えが進み、現在活躍しているのは、
相模線・八高線・川越線・武蔵野線・宇都宮線・日光線・
南武支線・
鶴見線・阪和線となっています。
このうち、八高線・川越線・武蔵野線・阪和線の205系は、後継車両による
置き換えが計画されており、一時代を築いた205系も貴重な存在となりつつあります。
なお、引退した205系は、インドネシアからの熱い注目を浴びた結果、
現地に大量譲渡され、同地の一大勢力となっています。

JR東日本


0番台(川越車両センター・川越線、埼京線用)


3000番台(川越車両センター・八高線、川越線用)


0番台(鎌倉車両センター)


0番台(京葉車両センター・京葉線用)


0番台・5000番台(京葉車両センター・武蔵野線用)


0番台・1200番台(中原電車区・南武線用)


1000番台(中原電車区・南武支線、鶴見線用)


500番台(国府津車両センター・相模線用)


600番台(小山車両センター)

JR西日本

0番台・1000番台(吹田総合車両所日根野支所)
戻る

inserted by FC2 system