211系

211系は1985年、205系とともに登場した近郊型電車です。当時、東海道本線、東北、高崎線などで活躍していた113系・115系は老朽化が進んでいたため、これらの旧型車を置き換え、サービス向上を図るために導入されました。基本的な走行機器は205系と共通で、台車も205系とほぼ同一のボルスタレス式で、制御方式も205系と同じ界磁添加励磁制御を採用しています。従来車よりも若干車体幅を広くして定員増加を図るとともに、ステンレス車体で、メンテナンスフリーにも貢献しました。内装は、0番台、2000番台がセミクロスシートを採用し、1000番台と3000番台はロングシートが採用されました。211系は首都圏を中心に、多数が導入されましたが、国鉄からJRへ変わる変貌の時期での製造だったため、113系や115系の様な一大勢力には及びませんでした。それでも、残った113系や115系とともに、首都圏・東海・関西の各エリアで活躍しました。JR東日本の車両は近年E233系の導入により、10両編成を中心に置き換えが進みました。しかし、短編成となった編成が、長野や高崎で
115系の置き換えに充てられているので、ローカル線のエースとなりつつあります。


0番台・200番台(田町車両センター)
211系の基本番台。暖地用。10両編成はJR東日本だけ。
JR東海に所属している2編成のみ、クモハが存在します。


1000番台・3000番台(高崎車両センター)
同じ211系ですがこちらは東北、高崎線向けに登場、
半自動扉はありますが、ボタン式となり、115系より使い勝手が
向上しました。また、首都圏の0番台・2000番台には存在しない
クモハが連結されています。


1000番台・3000番台(幕張車両センター)
旧新前橋電車区に在籍していた車両のうち、
E231系導入で余剰となった車両の一部が幕張車両センターに
在籍していたことがありました。
帯色は青と黄色のここだけでしか見られないカラーリングでした。

戻る

inserted by FC2 system