相鉄新7000系

新7000系は、旧7000系のモデルチェンジバージョンです。基本的な設計は同一で、旧7000系と同一形式
なのですが、変更点が多いため、ファンの間では別形式として扱われることも多いです。まず、旧7000系に比べると
ライトが四角型となり、また、車体の塗装も大幅に変更されました。また、3本目の7751編成からはVVVFインバータ
制御を採用し、これは相鉄初のVVVF採用となりました。ただし、床下の検査蓋がVVVF編成にも取り付けられている
VVVF初期のモーター音は室内でもかなり耳に入ってきます。編成の構成としては、7715編成までは6+4編成、
7751編成は5+5編成となっており、6号車と7号車は運転台付きとなっています(現在は機能停止)。7753編成以降は
10両貫通編成となっており外観はすっきりしております。基本的に全編成10両編成で、相鉄全線で姿を見ることができま
すが、抵抗制御編成は中間車2両を抜いて8両編成としていることが多く、現在も1本は8両編成となっています。8000系
・9000系と同様、塗装のリニューアルが進んでおりますが、車体がリベットだらけなので、いささか前時代な部分は隠し
切れていません。しかし、相鉄伝統の電動窓や、扇風機も残っており、昭和の香りを残す車両なので、これからも元気で活躍してほしいもの
です。

抵抗制御編成
基本的なシステムは旧7000系と同一で、車体のカラーのみ変わっています。
現在7713編成が10連、7715編成が8連となっています。7715編成から抜かれた中間車はいまだに
旧塗装ですが、今後運用に戻れば新塗装化されると考えられます。

7713編成

7715編成

VVVF制御編成
相鉄初のVVVFとなったグループで、編成番号は50番台になっています。
VVVFなのでブレーキシステムが抵抗制御編成と若干異なるようです。
7751編成以外は10両貫通編成となっています。

7751編成

7753編成

7754編成

7755編成


戻る

inserted by FC2 system